お知らせ

   2007年1月に念願の障害者雇用を実現できることになり、一人の青年をオリーブに迎えることになりました。彼は重度の自閉症であり、人とのコミュニケーションが苦手という障害がありました。しかし、働く意欲はあり、決められた仕事はきちんとこなす、ルーチン業務を得意とする青年でした。

オリーブメンバーのちょっとした手助けでどんどん仕事を覚え、またメンバーとの会話も仕事を介する話は手帳にメモを取ることでスムーズにこなせるようになりました。。それは目を見張る成長ぶりでメンバーのおばさん達にとても可愛がられる存在となったのです。そして13年もの長い間私たちのパートナーとして清掃業務を続けてくれることになりました。

 ところが、そんないい関係を築きあげていた障害者雇用がこのコロナ禍により終焉を迎えてしまいました。電車通勤の彼にコロナ感染の危険を看過することはできません。支援事業者からの長年の感謝の言葉とともに彼の卒業の提案を頂くことになりました。そして7月30日にオリーブを卒業し、メンバーに見送られ去って行きました。有難うYさん、そしてさようなら。

 

……………………………………..…………………………………………………..…………………………………………………..…………………………………………………..……………

付記

同じ職場に13年も勤務することは稀なことで、オリーブでは勤続7年となったYさんに2014年5月に永年勤続表彰を授与しておりました。当時はその後6年も共働できるとは思ってもいませんでした。が、Yさんはオリーブメンバーとの関係を日々向上させ、我々も会話を楽しみ、歌を一緒に歌い、名前を覚えてもらったメンバーは自慢してたものです。

本来なら勤続年数の記録はまだまだ伸び続ける筈でした。それが思いも及ばぬこのコロナ禍での突然の卒業、残念で無念でなりません。

 

 

 

 

 

敷波代表から卒業証書&感謝状を手渡しました。

                                                          山田副代表からは花束を。

  ご両親、メンバーと最後の記念撮影
 

 

 

敷波代表のお別れの言葉

 老いも若きも障害ある人もない人も共働出来る場であるオリーブで、重度の自閉症のYさんと共に働き続けて13年経ちました。しかしコロナ禍で、Yさんの通勤において管理が難しいということで、思いがけなく卒業となりました。仕事のマニュアルを見ながら、トイレのブラシの動きもキレッキレで、フロア掃除、外掃除と、本当にYさんはなくてはならない存在となっていたのに、とても寂しく残念です。13年間どうもありがとうございました。

 

 

 Yさん、またいつか逢えるといいですね。コロナ落ち着いたらオリーブのイベントにもお顔をみせてくださいね。バイバイ!

 

 

 

なんということでしょう~。 春爛漫、桜満開の記事をUPした途端の雪です!一挙に雪景色に様変わり。

しかしながら、なんというタイミング!「土曜日、日曜日の不要不急の外出自粛要請」の中でこの雪はまさに天の助けだったようですね。さすがに渋谷、中目黒などに繰り出す人たちは激減してました。そして、若者たちがコロナを知るいい機会にもなったことでしょう。今は我慢、一斉に我慢ですね。 でも、お仕事を休めない職種の方々もたくさんいらっしゃいます。特にそのような人々に接触する際にはくれぐれも感染させない配慮が必要です。自分の為だけではなく他人の為にもみんなで我慢しましょう。

 

コロナよ、早く消えてなくなれ!

 

   

 

 

 

 3/29日曜日朝の雪景色 可憐な花もうつむいてます
 

 

ちなみに前日に掲載の満開の桜

満開の桜の木の下で...お弁当を広げる人、お酒を用意して宴会を始める人、ゲームに興じる子供たち、舞う花びらを手にのせてほほ笑むカップル、ゆっくりと桜を見上げながら一人散歩する人、にぎやかにおしゃべりを楽しむグループ、ベンチに座って一休みするご夫婦、もくもくと一人でランニングする少年、池の亀を辛抱強く見つめ続ける人...今年も桜は満開だけど、今年も桜は美しいけど、でもそこに人影は少ない。「今年は家で窓越しのお花見を」「子供も大人も自宅で過ごしましょう」「集会も避けましょう」「学校はお休みです」こんな言葉が一日中TVから聞こえ、人々はおとなしく従う。

従うしかない。誰もが従うしかない。みんなで従うしかない。それが身を守る、全員で身を守る。

 

怪物はコロナ、コロナの勢いはすさまじい。ひたすら避ける、出会わないように避ける。誰も勝てない!勝てないなら逃げ続けよう。

桜、さくら、サクラ 今年も美しい。

 

久しぶりのUPです。

ご無沙汰しましたが、相変わらずオリーブは元気です。

年々平均年齢は上がってますが、ゆえに経験も好奇心もより磨きがかかっております。

起業の理念を「スリムに且つ実践的」に変化させ、「人にも地球にもやさしい」しっかりと順守。

老化はリスクだけではないことを十分にアピールしながら頑張っております。

久しぶりの投稿なので昔も振り返って画像でのご報告です。

 

パフォーマンス実演前に気合!

penをデッキブラシに持ち替えて
ppap I hava a pen~ ♪

植栽の剪定中…プロ並み?!

 

 

 

会議大好き!?

オリーブのビアガーデ ン 芸者さん出現

寸劇シンデレラ
&One Team
大人の写真屋さんごっこ エントランス の装飾も担当

 

あけましておめでとうございます。オリーブは今年18歳になります。

18歳といえば...公職選挙法が改正され、選挙権年齢が18歳に引き下げられました。(2016年6月19日施行)

そして昨年の夏の参院選から適用されました。人間の18歳は選挙権を持てるほど一人前に成長したということ、オリーブはそこまで成長したでしょうか(笑)

改正にあたっては、もう少し選挙・政治の教育を充実してからでも遅くない等の議論が野党、識者、世論からも聞こえてきましたが、いったん提出された法案はさっさと可決されてしまう今の世の中。 丁寧に慎重にという言葉は、もはや永田町からは消え去ってしまいました。この2年間の間に日本が変貌してしまったことは、誰もが感じていることと、当たり前に考えていましたが、実はそうでもないのですね。だからこそ、今のようなこの国が出来上がってしまった。

いわゆるB層..適菜収著「日本をダメにしたB層ってなんのこと?」で詳しく述べられています。小泉政権時代に郵政民営化政策に関する宣伝企画を内閣府が民間会社に委託しました。その会社はまず、政権の支持基盤としてどういう層の人々に訴えれば有効かを想定、研究し、メディアの使い方、チラシの作成、新聞の折込、イベントの企画等徹底した広報・宣伝方法も含め提言した。それが、いわゆるA層、B層、C層、D層と国民を4つの層に分けた考え方で、もっとも政権の支持基盤としてターゲットとされたのが、B層の人々だったといわれています。結果、小泉政権の政策は圧倒的な支持をうけることになる。そして、小泉劇場で発せられた言葉はどんなこともB層は支持をする..深く自分で考えることなく、支持してしまう...そんな構造が確立されてしまった...そして今なお現政権の高い(?)支持率を支えているのがB層と言われています。


世の中簡単に変えることはできないけど、いつも自分の頭で一度考えてみる「真実か、どうか?」「正義か否か?」 そんな自立した市民が多い世の中であってほしい。今年こそ!

もちろん、オリーブの女性達は...自立したハイパー婆さん?

 

 

 

 


 

 

ライフ&シニアハウス港北とオリーブは誕生から17年! 今年も楽しい楓記念日を迎えることができました。ご入居者、ご家族、スタッフ、それぞれが素晴らしい笑顔でこの日を楽しみました。

恒例のオリーブパフォーマンス、大きな期待を込めた拍手で迎えられたら...ここはやるっきゃないでしょう!!  「ppap  ペン、パイナポ、アポ、ペン」

 

PPAP ペン、パイナポ、アポ 、ペン    mszm モップ、スポンジ、ゾウキン、モップ       オリーブ版です!

こんなに喜んでいただけるなんて大当たりです!

ほんとは動画を貼り付けたいとこですが...世界中からオファーがきたら困るので...

来年はどんなパフォーマンスをお見せできるか、日々鍛錬しておきましょう!!

 

第17回楓記念日 おめでとうございます

 

12月が駆け足でやって来て、木枯らしが吹く季節。ついこの間お月見をして、緑道からは色づく紅葉や銀杏のあでやかさに感嘆の声が聞こえてきたのに。

年を重ねるにつれ、季節の移り変わりが加速していきます。

ライフ&シニアハウス港北のたくさんの楽しいイベントが3倍速で回っていきます(笑)  そして今年もハウスにサンタさんがやってきました。

 

オリーブのグリーンプロジェクトが丹精込めてハウスの玄関ロビーにサンタさんをお招きいたしました。

保育園の子供達やご入居者のみなさんの笑顔が増えてくるこの季節...忙しいけれどやっぱり好きです。  メリークリスマス

9/11日曜日はハウスの「港北まつり」 全館それぞれが個性と実力を発揮して、毎年とても楽しいお祭りなんです。今年はオリーブは「顔出し写真館」と美味しい「水餃子スープ」で模擬店参加。昨年好評だった「オリーブの写真館」を今年は往年の日本映画の名作ポスターで顔出し撮影!遊び心たっぷりのご入居者はご家族とパネルを選んで、高峰三枝子、美空ひばり、寅さん、ヘップバーンなどに顔をはめてご本人なりきり写真!しかも笑顔満載!この催しは参加してくれるご入居者の協力なしでは成り立たない出し物。皆様、ほんとに有難うございました。楽しんで頂けてとても嬉しいです。

ご家族、スタッフ、みんなで作ってみんなで楽しむ...とても素敵なお祭りなんです! 技術があったら動画で配信したいくらいのユニーク且つ全員参加のお祭り。ご近所様、来年も再来年も開催致しますので、ぜひ模擬店などを覗いてみてくださませ!!

 

顔出し写真館 美女ラインナップ!    模擬店 水餃子美味しいよ! この面子じゃ断れない!

 

飲んで、食べて、話して、笑って


この度、企業組合オリーブを2016年3月31日で解散致しました。

長年障害者との共働を掲げ、もう一つの働き場としてピロシキ工房バブーシカも開業、7年間大勢のお客様に支えられ営業させて頂きました。その間、各学校・施設からのご要望にお応えし、職場研修や障害者研修の場を提供することもできました。 しかし、力及ばず2014年5月に閉店、その後は基幹事業の有料老人ホーム「ライフ&シニアハウス港北」での清掃・洗濯の受託事業一本にしぼり、頑張ってまいりました。障がい者の通所施設からの派遣先として自閉症の方を雇用させて頂き、9年が経ちました。そして現在も継続しております。 起業当初の目標を現在の形まで辿り着くには多くの方々との出会いとご支援があり、また老人ホーム運営会社の㈱生活科学運営の多大なご理解、ご協力も頂きました。ここにあらためてお礼を申し上げたいと存じます。  ほんとうに有難うございました。

近年は、若々しかったメンバーもそれなりに歳を重ね、それでも今の事業を継続していく為にはと色々な議論をしてまいりました。 そして持続可能な方法「企業組合という法人格を外し、緩やかな運営、緩やかな働き方が今の身の丈にあった形」...と目から鱗が落ちたのでした。一旦組合を解散し、あらためて任意団体の形でオリーブを立ち上げる。オリーブに残りたいメンバーは残る、他の方向を目指す者はそれぞれの道へ。これがオリーブにとってはある意味「進化」ととらえ、2016年3月31日付で企業組合オリーブを解散いたしました。そして2016年4月1日付でワークパートナー「オリーブ」を立ち上げました。今後は有料老人ホーム「ライフ&シニアハウス港北」を舞台に仕事はもちろん、色々な楽しいイベント等の企画協力、また施設を花や緑でいっぱいにするというあらたな夢も見据えて共働していきます。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

【イベント大好きオリーブ 健在です!】

2016年 屋上ビアガーデン

「オリーブビュッフェ  」今回はスタッフ、ご入居者の料理も並びました!



飲みながら、食べながらご歓談 8/2は神奈川新聞花火大会で遥か彼方に見えるんです!

 

今回から孫も参加でビンゴ遊び   来年はもっと増えますように!


平成26年度はピロシキ工房バブーシカを閉店したこともあり、職場実習生はS学園高等部からの2名のみでしたが,2人とも老人ホームでの清掃・洗濯作業をがんばってくれました。

清掃作業というのは実はなかなか難しい作業です。

床を清掃する時は、どこまで掃いたかを覚えておく必要があります。また洗面台を清掃する時は、いつまで磨くべきかを自分で判断しなければなりません。それでも2人の実習生は根気強く作業していました。

実習生達はこれからもっと社会に出て行くことが増えてくると思いますが、私達オリーブは後ろから応援していますよ。フレーフレー!

 

嬉しいお知らせがありました・・・

25年度に職場実習に来た生徒さん、就職が決まったそうです。

こういう話を聞くと本当に嬉しいですね。

職場実習受け入れをやっていてよかったと思う瞬間です。

応援してるよ~

ワークパートナー オリーブ〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-39-11
ライフ&シニアハウス港北内
TEL & FAX
045-912-0392

 

URL QRコード

ワークワートナー オリーブQRコード

記事一覧