お知らせ

平成26年度はピロシキ工房バブーシカを閉店したこともあり、職場実習生はS学園高等部からの2名のみでしたが,2人とも老人ホームでの清掃・洗濯作業をがんばってくれました。

清掃作業というのは実はなかなか難しい作業です。

床を清掃する時は、どこまで掃いたかを覚えておく必要があります。また洗面台を清掃する時は、いつまで磨くべきかを自分で判断しなければなりません。それでも2人の実習生は根気強く作業していました。

実習生達はこれからもっと社会に出て行くことが増えてくると思いますが、私達オリーブは後ろから応援していますよ。フレーフレー!

 

嬉しいお知らせがありました・・・

25年度に職場実習に来た生徒さん、就職が決まったそうです。

こういう話を聞くと本当に嬉しいですね。

職場実習受け入れをやっていてよかったと思う瞬間です。

応援してるよ~

 

平成25年度、企業組合オリーブでは9名の職場実習生を受け入れました。ライフ&シニアハウス港北の清掃洗濯請負事業で5名、ピロシキ工房バブーシカで4名です。S学園高等部の生徒さん、N養護学校の生徒さん、生活介護事業を行っている事業所Lの利用者さんなどが実習生としてオリーブスタッフと一緒に働きました。

ピロシキ工房バブーシカの実習では、ホールの作業もキッチンの作業もやってもらいました。一日の立ち仕事で大変なこともあったと思いますが、みなさん一生懸命実習に取り組んでくれました。

ライフ&シニアハウスの清掃洗濯業務の実習では、洗面台清掃やフロアー清掃、洗濯物をたたむ作業など、また実習生によってはトイレ清掃をやってもらいました。普通の家での清掃や洗濯物のたたみ方とは違うやり方だったとは思いますが、ここでのやり方にしたがって皆さん実習をがんばってくれました。

企業組合オリーブでの職場実習が直接的に役に立つ場面はないかもしれませんが、働いた経験や職場の人と接した経験が彼ら彼女らの支えに少しでもなればいいなと願っています。

実習生の皆さん、オリーブのスタッフたちは陰ながら応援していますよ!

 

 

 

ピロシキ工房バブーシカでは

オレンジと緑の帽子をかぶって

実習しました。

 

 

 

 

ライフ&シニアハウス港北の

清掃洗濯業務では

つなぎを着て実習しました。

2月初旬の4日間、S学園高等部2年生男子1名を実習生として受け入れました。

身長も高く大きいS君に、入居者の方は

「大きくて頼もしいわねえ」と目を細めて笑顔を見せてくださいます。

初日は覚えることばかりで大変だったとは思いますが、

日をかさねるうちに、洗面台清掃やフロア清掃を

ひとりでできるようになっていきました。

洗濯物をたたむ作業は端と端をそろえるのが

少し大変そうでしたが、短い実習期間では

精度を高めるのは難しいかもしれませんね。

でも、日々成長する彼の姿を見ると、これからも

がんばって欲しいなあと、私たちオリーブスタッフも

応援したくなりました。これからもがんばれSくん!

 

 

 

 

 

実習最終日の反省会の様子

この8月、S学園高等部の女子を実習生として5日間受け入れました。

挨拶も気持ちよくできる優しい雰囲気をもった女の子です。

オリーブの作業はいろいろあり、最初は理解するのも大変だったと思いますが、

毎日根気強く作業してくれました。

一日目にできなかったことも、最終日にはできるようになったりで、

5日間という短い期間にも成長を見せてくれました。

これからも、苦手なことを少しづつでも努力して

できるようになってくれれば、

私たちオリーブとしても嬉しいです。

Kさんガンバレ!

 

 

 

 

 

さあ、これから掃除に出発です

 

 

 

 

 

 

 

洗濯物をたたんでいるところです

 

 

 

 

 

 

10月上旬の5日間、養護学校から実習生を受け入れました。

明るくて優しい高校2年の女の子です。

掃除も洗濯物たたみも ここでのやり方があり、とまどうこともあったとは思いますが、

どんな作業も自分から進んで取り組んでくれました。

新しいことにチャレンジしていく姿は、見ていてとても気持ちがよかったです。

老人ホームの入居者さんやまわりの人たちにも優しい気持ちで接することのできる彼女、

いいところを活かしてこれからもがんばれー。

 

 

 

 

一日の作業の終わりに

実習ノートをつけているところです

2 / 41234